ENTRY
WORK

仕事を知る

CROSSTALK
アプリエンジニア

企業のニーズに応えて成果を生み出す─大きなやりがいが個々の成長への近道。

CROSSTALK MEMBER

(写真左より)

  • H.M

    SI事業本部 第三事業部
    プロジェクトリーダー

    2016年入社。大規模プロジェクトのマネジメント経験を得るために転職。マネジメントに注力しているSI&Cでキャリアアップを実現するべく入社し、現在はプロジェクトリーダーを務める。

  • K.A

    SI事業本部 第三事業部
    システムエンジニア

    2017年入社。顧客に近い位置でコミュニケーションを取りながら仕事がしたいと考え転職。将来的にマネジメント業務に興味があることからSI&Cに入社。プロジェクト管理を学びリーダーを目指す。

あらゆる企業のニーズに合った業務アプリケーションを開発。

多分野に及ぶプロジェクトの仕事内容とは?

H.M: 現在、大手損害保険会社のレガシーシステムを、米国製パッケージを用いてマイグレーションするプロジェクトに、リーダーとして参画しています。SI&Cから2名参画しており、5名のプロジェクトチームです。今回導入するパッケージは、海外での実績は多いのですが、日本での実績が少なく、国内では10社程しか採用されていません。SI&Cにも経験者がいない中、現在はまずパッケージの知識を習得しつつ、PoCの位置づけでマイグレーションの検証を行っています。マイグレーションが可能であることを証明し、続いて関連システムのマイグレーションを行うことでプロジェクト規模の拡大を図り、成果を上げていくことを目標にしています。

K.A: 私は、建築会社向け請求管理システムプロジェクトに参画しています。紙媒体による請求管理業務を電子化する新規サービスで、お客様やプロジェクトマネージャーとのコミュニケーションを大切にしながら認識齟齬のないよう進めています。私を含め4名の開発メンバーで担当しています。お客様との会話では、求められていることに対してのメリット・デメリットを明確にして、きちんと伝えることを大切にしています。何か新しいことを実施する際に、必ずしもすべてがメリットになる訳ではありません。物事を広い視野で捉え、ご提案することを心掛けています。

上流から下流まで携わるからこそ、やりがいを感じる。

どのような課題を乗り越え、成長しているのか?

K.A: 前職はお客様先に常駐していましたが、会社の立ち位置上、お客様と直接関わることはありませんでした。SI&Cに入社し実際にプロジェクトに参画してみると、お客様から見た当社の見え方や立ち位置の違いを大きく感じました。お客様の期待も大きいですし、その分お客様からの評価がダイレクトに届くので、対応力はより多く求められていると思います。

H.M: 私も同じ業界でしたが、前職は小さな会社だったので、基本的にどこかのプロジェクトの下流工程を引き受けることが多かったです。SI&Cではプロジェクトの規模も大きくなり、前職では3〜5名規模でしたが今では30〜50名規模のプロジェクトを任されることも多く、急な人の入れ替わりなどがあった際のカバーは大変でした。

K.A: 上流工程に携われることで大変な面ももちろんありますが、その分やりがいも多く感じられますよね。どのプロジェクトのどのフェーズに携わるかで求められることも変わってきますが。

H.M: お客様と対話する機会はやっぱり多いので、コミュニケーション能力や対応力は求められますよね。会社がマネジメントに注力しており、PMPの取得を推進したりマネジメントに関するノウハウがあったりと、学ぶ環境は多いですよね。

中途入社から見えてきた、SI&C入社のメリット。

これから入社する人に伝えたい、会社の魅力とは?

H.M: プロジェクトに実際に参画して役に立つことはSI&C独自の開発標準であるSICPがあること。私のように下流工程の経験しかない方でも、参考資料を見ながら実践できるというのはすごく良いですよね。

K.A: そうですね。SI&Cの特徴は、上流工程の案件が多く上から下まで一気通貫で担当できるプロジェクトが多いこと。広範囲にわたって仕事がしたい方にとっては、すごく勉強になる環境ですよね。

H.M: 社員間のコミュニケーションもすごく取りやすいところも魅力ですよね。風通しが良いというか。

K.A: 困ったことがあっても放置されない環境ですね。同じ現場にいる違うチームの方も積極的に声をかけてくれる。悩んだ時には親身になって相談にのってくれる社風ですね。

H.M: 中途入社の人にもチャンスも与えてくれる環境です。入社当初は、平等にチャンスを与えてくれないのではとか、即戦力だから放置されてしまうのではと、心配していた部分があったのですが、実際入社してすぐに新規プロジェクトに参画できました。SI&Cは中途採用でもきちんとチャンスを与えてくれる会社です。

K.A: 確かに、私もずっとお客様に近い立場で仕事をしたいと言い続けていて、今のプロジェクトでそれが実現しています。会社は思っている以上に社員個人について長期的に考えてくれていて、私が今のプロジェクトに入る前に上司との面談で「このプロジェクトでこういうことを学んで、次はこういうことにチャレンジしていってほしい」という言葉があって、自分と会社の考えをすり合わせることができました。

H.M: 私もずっと大規模プロジェクトを担当してみたいと考えていました。現在のプロジェクトはこれからどんどん規模が大きくなっていく予定で、会社がチャンスを与えてくれたからこそ次のステージに進めています。大きくなれば5〜10年続くプロジェクトなので、今はこのプロジェクトを成功させるために尽力したいです。

K.A: 私は今のプロジェクトで技術的に足りない部分を補っていけると思っています。このプロジェクトを通して成長できると思うので、これからもお客様に近い立場で、満足度の高いサービスを提供できる人材になりたいと思います。

ページトップ